確率が高い

ビーチで遊ぶ

消臭作用のある石鹸やスプレーなどを使用しても、わきの臭いを解消できない人でも、美容外科でなら解消することが可能です。
美容外科では、色々な方法でわきがの治療をおこなっています。
たとえばボトックス注射です。
これは筋肉の動きを弱める作用のあるボツリヌス菌を注射するというものなのですが、筋肉の動きが弱まれば、アポクリン腺の動きもまた弱まります。
アポクリン腺からの分泌液がわきがの原因となるので、それを減らせば臭いは発生しにくくなるのです。
ボトックス注射の効果は、3ヶ月から6ヶ月ほど続きます。
また、アポクリン腺を切除する手術もおこなわれています。
除去されれば当然臭いは半永久的に発生しなくなるため、この手術はわきがの根本的な解決につながると言えます。

アポクリン腺の切除は、以前はわきの皮下組織を全て除去するという方法でおこなわれていました。
アポクリン腺は皮下組織の一部なので、皮下組織が丸ごとなくなれば、当然アポクリン腺もなくなるわけです。
しかし大きく切除されるわけですから、神経が損傷することもありますし、手術後には大きな傷口が残ります。
そのため、小さく切開してそこから細い器具を挿入して、アポクリン腺を掻き出すという手術がおこなわれるようになりました。
しかしこの手術だと、医師が皮下を直視することができないため、全てのアポクリン腺が除去されずに、いくらか残ってしまうことがあります。
残ればそこから臭いがまた発生してしまいます。
そこで昨今では、わきの皮膚を多少めくり上げて、アポクリン線を切り取るという手術がおこなわれるようになっています。
この方法なら、医師が直視できるためアポクリン腺はしっかり除去されますし、アポクリン腺以外の皮下組織は残るのです。